研究室紹介

  • ナノ物性理論領域 Dino研究グループ(精密科学・応用物理学専攻)
  • 物質の諸特性やダイナミクスの理論的研究、およびこの分野の研究者の養成を行っています。特に、固体表面の量子ダイナミクス、原子スケールの構造体(原子架橋、ナノワイヤ、量子ドット、超格子、量子囲い等)のナノ物性を対象として解析的手法や計算物理学的手法を駆使しています。物理の精神である普遍性を見出すことを目指し、自然界で生じる諸現象の理解を深めたいと考えています。

  • ナノ物性工学領域 菅原・李研究グループ(精密科学・応用物理学専攻)
  • 非接触原子間力顕微鏡などの新しいナノ計測技術の開発を進めながら、固体表面で発現する新規な物理現象の探索とその解明を進めています。また、個々の原子や分子を操作して、新ナノ物質や新ナノデバイスを組み立てるための未踏の未来技術の開発も推進しています。

  • ナノマテリアル領域 小林研究グループ(精密科学・応用物理学専攻)
  • ナノメートルスケールの微細な構造体からなるナノマテリアルでは、同組成のバルク材料とは全く異なる性質が現れます。本研究領域では、カーボンナノチューブ・グラフェンといったナノカーボン材料をはじめとする様々なナノマテリアルの構造を思いのままに操る技術の開拓や、新たな機能を引き出す研究を進めています。

  • ナノフォトニクス領域 藤田研究グループ(精密科学・応用物理学専攻)
  • 私たちは、先端的な光物理(ナノ光学、3次元光学、量子光学、非線形光学など)の基礎と、イメージング、センサー、リソグラフィへの応用など、光を使った高度な計測や制御に関する研究と教育を行っています。フォトニクスを中心に、情報・数理学、化学、生物学、医学の研究者と分野と国を跨いだ研究を行い、新しい学理の追求と革新的な技術の開発を進めています。開発した技術は実用化し、基礎研究による社会貢献を進めています。

  • ナノバイオ工学領域 民谷研究グループ(精密科学・応用物理学専攻)
  • ナノマテリアル(金属ナノ粒子・カーボンナノチューブetc.)と微細加工技術を駆使し、遺伝子や免疫・酵素など優れた生体分子の機能を組込んだバイオチップ・バイオセンサーの開発や、一細胞・一分子アッセイなど革新的技術の開拓、バイオマスエネルギー変換システムに関する研究に取り組んでいます。

  • ナノスペクトロスコピー領域 バルマ研究グループ(精密科学・応用物理学専攻)
  • Nano-Spectroscopy(ナノ分光)研究室では、分光学をナノスケールの空間領域に適用することによって、光と物質の相互作用を研究しています。ナノスケール領域の基礎科学を探求することに加えて、特に光学イメージンングという応用に重点を置いています。ナノスケールの光学イメージングは、近接場プラズモニック効果とラマン分光・フォトルミネッセンスなどを組み合せることで、従来の光学顕微鏡ではできなかった“可視光でナノ見る“ことを実現します。

  • ナノエレクトロニクス領域 高原研究グループ(精密科学・応用物理学専攻)
  • 本領域はナノプラズモニクスおよび熱輻射制御を主要なテーマとし、微細な金属ナノ構造におけるテラヘルツ波から光まで広いスペクトルにわたる電磁場のふるまいを解明し、新しい原理のフォトニックデバイスへ応用する研究を行っています。回折限界をこえるナノ光ビームの形成、超集束や負屈折など特異な現象の解明などの基礎研究からプラズモニック導波路を用いたナノ光集積回路、金属マイクロキャビティによる高効率熱輻射光源などの応用まで一貫した教育と研究を行っています。

  • ナノ・バイオフォトニクス 井上・石飛研究グループ(生命機能専攻)
  • 人工臓器やバイオマイクロマシン、体内埋め込み医療機器等の開発を目的とし、生体分子スケールから細胞、組織、臓器レベルまでをターゲットとするナノテクノロジーとフェムト秒光学を研究しています。特に、細胞内や細胞膜で起きる化学反応や膜電位のダイナミクスの計測、細胞のナノ刺激とイオン波の制御、細胞のレーザー手術と人工組織・臓器の加工・作製の研究を行っています。

  • 計画数理学 藤崎・和田研究グループ(情報数理学専攻)
  • 生産システム、投票システム、設備配置、各種の待ち行列システムなどの現実の様々な社会システムに対して、数理的に解析を行うと共に最適化を計り、数理的最適意思決定を追求しています。工学に限らず、社会科学も視野にいれた学際的研究を行っています

  • 非線形数理 鈴木・山本研究グループ(情報数理学専攻)
  • 世の中には非線形現象があふれています。工学・情報・生体等のシステムに現れる多様な現象が、非線形数理モデルにより記述されます。非線形数理講座では、様々な実現象の数理モデルを対象として、実現象の背後にある非線形数理を理解すること、非線形数理モデルを解析するための方法を開発すること、さらには非線形数理を工学・情報システムに応用することを目指して研究を進めています。

  • 情報フォトニクス 谷田・小倉研究グループ(情報数理学専攻)
  • 高度情報化社会の進展を支える新原理に基づいた高性能情報処理に関する教育研究を行っています.光の物理的特性を活かした光コンピューティング技術をベースに,エレクトロニクスとの組み合わせによる光・電子融合システム,ゲノム情報解析への適用をめざしたフォトニック・バイオインフォマティクス,分子の自律演算機能を融合した光・分子協調演算,最適化数理の研究などを進めています。

  • システム数理学 森田・梅谷研究グループ(情報数理学専攻)
  • 数理的な取り扱いの対象は、物理現象や生物現象のみならず、社会現象や経済現象、生産活動など極めて広範になっています。これらはますます複雑な様相を示しつつありますが、数理科学や計算機科学の目覚しい発展とも相まって、大規模で複雑な問題を解決する可能性も広がってきています。そこでは対象を解析するための新しい計算技術の創出が大きな目標になりますが、対象を的確に捉えるためのモデリングの技術や解析結果を問題解決に結びつけるための評価技術などの確立も目指しています。

協力講座
  • 先進電子デバイス研究分野 関谷・須藤研究グループ(産業科学研究所)
  • 容易で安価、環境負荷が小さい製造プロセスや機械的柔軟性といった魅力を有する有機半導体材料への期待が高まっています。当研究室では、デバイス機能の源となる新たな有機半導体表面・界面の開発とそこでの電子伝導現象をベースとした物質科学研究、また、その結果を有機エレクトロニクス産業に結び付ける応用開発研究を多角的に展開しています。

  • 知能アーキテクチャー研究分野 沼尾・福井研究グループ(産業科学研究所)
  • パソコンを初めとする情報環境が普及するにつれて、インタフェースの悪さに起因するテクノストレスや、スパムメール、多量データによる情報洪水の問題に社会の関心が集まっています。私たちは、これらの原因がコンピュータシステムの柔軟性の欠如にあることを早くから指摘し、その対策として適応および学習能力を持ったコンピュータおよびインタフェースの開発を提唱してきました。心理実験と高度な機械学習技術の組合せにより、こうした課題の克服を目指しています。

  • 先端物性工学 高井・木村研究グループ(生命先端工学専攻)
  • 新しい計測技術の開発ならびに新しい概念の電子顕微鏡の開発を行うとともに、多電子論を取り入れた第一原理に基づく物質設計計算を発展させることで、実験物理と計算物理の両方の観点から局所領域の構造と電子状態、ならびに表面・界面で起こるダイナミクスを原子・分子のスケールで明らかにする研究を行っています。

  • フォトニック情報工学 小西研究グループ(生命先端工学専攻)
  • 光を用いた高速情報処理・通信のためのシステム,デバイス,信号処理の研究と教育を行っています.現在は,1)超短光パルスによる非線形光学現象を利用する集積型の微小光デバイスとその光加工法,2)生体や生体細胞内部の断層画像や分光画像,3次元画像などの新しい計測法とデ−タ処理法,3)超短光パルスの時空間変換を利用した超高速画像通信・情報処理の研究などを行っています。